家族旅行(アデレード→ダーウィン編)

今回は南オーストラリアのアデレードから、北のダーウィンへ2泊3日の
列車旅行について書きたいと思います。

オーストラリア縦断列車はまだできて1、2年しかたっていないため、
あまり知られていません。

オーストラリアの内陸部はほぼ砂漠で何もないと聞いていました。
砂漠というと、砂しかないあの砂漠を想像しますよね?
オーストラリアの砂漠は全く違っていました。
まず、砂ではなく、土でした。それも、かなりの赤土です。
草木は全くないわけではなく、背の低い草木がところどころに生えています。
動物も野生の牛やエミューなどがたまに車窓から見えます。
もちろん人っ子一人いません。

列車は途中何箇所か停車し、軽い観光ができるようにツアーがくまれています。
一番印象的だったのは、ウルル(エアーズロック)の近くの駅のアリススプリングス
でのツアーです。
母と妹とラクダに乗って砂漠を探索するツアーに参加しました。
ラクダの背は、思った以上にかなり高く、乗り心地もなかなかでした。
ラクダはとても可愛い目をしていて、まつげがすごく長かったです。

母はお尻の当たり所が良くなかったらしく、尾骶骨のあたりを少しすりむいてしまった
ようです。
写真は、そのときのラクダの写真と、列車の窓からの外の景色です。
b0080959_22143017.jpg
b0080959_22151531.jpg

[PR]

by misogawa | 2007-04-30 22:16  

<< 祝1年! 家族旅行・・・その3 >>